Fashion×α

 以前、雑誌の企画で「FASHION×α」という企画をやったことがあります。洋服屋
でありながら、車を売ったり、カレーを出したり、コーヒーを淹れたり…といった感
じで、洋服以外の商品を扱うお店を取り上げてみたのです。

 その逆ヴァ-ジョンというべきか、平尾にある『FLEA』という家具屋さんで、この
度洋服を扱うようになりました。扱うのは、「BLUE SHEARS」というブランドのウエ
ア。カノコ素材のスウィングトップ。シンプルですが、着やすい一着です。同ブラン
ドの海パンやバッグも今後入荷予定。

%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC.jpg.jpg

 ちなみにこの「BLUE SHEARS」のアイテム、今のところ取り扱いのあるショップは
全国でこの『FLEA』のみなのです。というのもこの展開、ただ“インテリアショップ
が洋服を入荷した”という単純な話ではありません。『FLEA』のオーナーの風間さん
が?Lrt.TOKYOというクリエイターユニットに参加。玩具・服飾・家具(雑貨)といっ
た各分野の専門家が集まり、相互に価値ある物作りをしていこうというプロジェクト
を実施しているのですが、『BLUE SHEARS』のディレクターである久保田さん
もALrt.TOKYOの一員ということもあり、今回の取り扱いが決まったそう。ちなみに
「BLUE SHEARS」は、雑誌「BRIO」「MonthlyM」等にも掲載されたことがある大人の
ブランドです。

 そんな『FLEA』は、平尾の薬院新川沿いにあります。アメリカのユーズド家具と共
に、ぜひぜひ、チェックしてみてください。

【FLEA】
http://www.flea-furniture.com/

【ALrt.TOKYO】
http://www.alrt-tokyo.com/


2007.07.06 Fri 記事URL

凡平さんの帽子

 早野凡平という名前を聞いてピンと来る人は、さて一体どのくらいいるのでしょうか? かくいう私も実は全くピンとこないのですが、今から20年ほど前に一世を風靡した大道芸人なんだそうです。

 で、今回紹介するのは、そんな凡平さんの名前が付いた帽子。冷泉公園の近くにある『energy 帽子店』の帽子デザイナー、原恭子さんの作る“BONPEI MODEL”です。帽子という固定概念に縛られないものを作ろうと、あえて“立体じゃない”ものにチャレンジしてできたのがこれ。このように見た目は平面ですが、かぶり方によっていろいろと形を変えられる優れものです。かぶる人のスタイルを自在に出せるので、原さん曰く「万華鏡のような帽子やね」とのこと。

200706191335001%20%281%29.jpg

 なぜこの名前かというと、凡平さんが帽子を使った古典芸で有名だったから。“ホンジャマーの帽子”という名の黒い帽子を、慣れた手つきで様々な形に変形させて、有名人や動物の真似をして人気を博したらしいんですね。当初は原さん自身も凡平さんのことを知らなかったそうですが、この帽子を見たとある知人の方が「凡平っぽい!」と言ったのがきっかけで、この名前になったとか。ちなみに「早野凡平」という名前に反応する人は、おおむね“オーバー40”だそうです(原さん調べ)。そういえば5th HOTEL広報のN山さんも、「BONPEIって早野凡平?」って敏感に反応していたな〜。お幾つなんでしょう(笑)。

 さて、そんな“BONPEI MODEL”。5th HOTEL WESTの1階ロビー奥にあるインフォメーション・バーで展示販売中です。このスペースでは、福岡のオリジナルブランドの商品を紹介していくことになっており、『energy 帽子店』を始め、5つのショップ・ブランドの商品が展示されています。ホテルに宿泊の際はぜひチェックを!

energy 帽子店
http://www.fukuokatokusen.com/energy/


2007.06.20 Wed 記事URL